辞書・事典類のデジタル化


レファレンス系コンテンツのXML化

電子辞書やネット検索サービス等にデータを提供するための辞書・事典類のデジタル化が弊社の主要業務です。

辞書・事典類の組版データ等をお預かりして、 見出し語、語釈本文、用例等の各要素を整理・コーディング。 各種デバイス・サービスへ提供するためのXMLデータを作成します。

納品実績がある主な出版社

朝倉書店、NHK出版、旺文社、 学研教育出版、研究社、講談社、 三修社、三省堂、小学館、 大修館書店、 南山堂、日経BP社、 パイ・インターナショナル、平凡社、 山川出版社

搭載実績がある主なデバイス、サービス

電子辞書:カシオ、シャープ、キヤノン、SII等
アプリ:物書堂、ロゴヴィスタ、ビッグローブ、ONESWING等
サービス:ジャパンナレッジ、コトバンク、三省堂WebDictionary、研究社OnlineDictionary、Yahoo!辞書等
その他:MacOS/iOS、アマゾンKindle、楽天Kobo、ジャストシステムATOK連携辞書等


それぞれの辞書の特性に合わせて、JIS外漢字や発音記号等の外字、ルビや表組等の組み指定、数式や図版対応等、 さまざまな要素をデジタルで再現できるように加工します。

国語系辞典

『デジタル大辞泉』 『精選版 日本国語大辞典』 『故事俗信 ことわざ大辞典 第二版』 (小学館)、 『明鏡国語辞典 第二版』 『新漢語林 第二版』 『日本語シソーラス』 (大修館書店)、 『日本語大辞典 第二版』 『類語大辞典』 (講談社)、 『旺文社古語辞典 第十版』 (旺文社)、 ほか

英語系辞典

『ジーニアス英和辞典 第5版』 『ジーニアス英和大辞典』 (大修館書店)、 『ランダムハウス英和大辞典 第2版』 『プログレッシブ英和中辞典 第4版』 (小学館)、 『リーダーズ英和辞典 第3版』 『新和英大辞典 第5版』 (研究社)、 『オーレックス英和辞典』 (旺文社)、 ほか

外国語辞典

『独和大辞典』 『ロベール仏和大辞典』 『伊和中辞典 第2版』 『西和中辞典 第2版』 『プログレッシブ ポルトガル語辞典』 『~ ロシア語辞典』 (小学館)、 『中日大辞典 第3版』 『詳解ベトナム語辞典』 (大修館書店)、 『アクセス独和辞典 第3版』 (三修社)、 『羅和辞典 改訂版』 (研究社)、 ほか

専門事典

『国史大辞典(全15巻』(吉川弘文館)、 『日本歴史地名大系(全50巻)』(平凡社)、 『日本人名大辞典』(講談社)、 『日本史小辞典』『世界史小辞典』(山川出版社)、 『日経ビジネス 経済・経営用語事典』(日経BP社)、 ほか

学習辞典(大学受験)

『旺文社 生物事典 五訂版』『旺文社 物理事典』『旺文社 化学事典』(旺文社)、 『日本史用語集』『世界史用語集』『現代社会用語集』『政治・経済用語集』『倫理用語集』『地理用語集』(山川出版社) ほか

学習辞典(小中学生)

『プログレッシブ中学英和・和英辞典』『例解学習国語辞典 第十版』『例解学習漢字辞典 第八版』『小学百科大事典 きっずジャポニカ 新版』(小学館)、 『旺文社標準国語辞典 第七版』(旺文社)、 ほか


レファレンス以外のコンテンツであっても対応可能です。 独自設計のXML形式のほか、HTML形式でデジタル化する場合もあります。

学術系コンテンツ

『誰でも読める日本史年表(全5冊)』(吉川弘文館)、 『新編 日本古典文学全集(全88巻)』(小学館)、 『もういちど読む山川日本史』『~世界史』『~政治経済』(山川出版社)、 『英米法律語辞典』(研究社)、 『事典 現代のアメリカ』(大修館書店)、 ほか

学習参考書・問題集等

『徹底例解 ロイヤル英文法 改訂新版』『中学総合的研究 英語』(旺文社)、 『よくでる日本史B一問一答 重要用語問題集』『よくでる世界史B一問一答 重要用語問題集』(山川出版社)、 『SPI2テストセンター超実戦問題集』(ナツメ社)、 ほか

趣味・実用系コンテンツ

『料理の基本がわかる本』『別冊NHK趣味の園芸 園芸入門』『里山の植物ハンドブック』(NHK出版)、 『イヌ・ネコ 家庭動物の医学大百科』(パイ・インターナショナル)、 『英語の発音がよくなる本』(中経出版)、 ほか


XMLデータのリッチ化

書籍版で組版印字されている情報だけをデータ化しただけでは デジタル辞書において十分に機能することができません。 書籍版で伝統的に省略されている(人間なら見ればわかる)部分の補完復元、 検索や参照リンク等のためのビハインドデータの追加編集を行います。

検索用キーワード

主に見出し語を対象として、検索のための正規化されたキーワードを生成します。 書籍版辞書において、併記挿入された各種情報を取り除いたり、省略された情報を補ったり、日本語特有の異表記・カナ表記ゆれ・かなよみ等の調整を行なったりします。 詳細は以下を参照してください。
「検索用キーワード」JEPA:ebookpedia

他項目参照リンク

書籍版において「」「」等の記号で示された、 他見出しへの“送り”をハイパーリンク化します。 各種索引や本文中で記述された「○ページ参照」なども個別にリンクを実装します。 本文中の「次頁」や「下項目」「左図」など、ページに依存した記述も手当てが必要です。

省略箇所の補完

派生語や複合語などの子見出しや成句および用例文中では、 見出し語は普通、「~」「━」等の記号で省略されています。 子見出しの検索や成句・用例を含めた全文検索などに備えて、 この省略部分を補うことも必要です。 その他、ラベル等の略記を利用者にわかりやすいように整えることもあります。

デジタル版独自情報の追加

主要項目の活用形情報を整備してリンクしたり、 書籍版で割愛した用例を増補したり、 百科項目に関連WEBページのURL情報を補足するなど、 書籍版ではページ数等の都合で収録できなかった情報を追加します。

マルチメディア対応

外国語辞書の主要項目にネイティブ発音(音声データ)を追加することは当たり前になりました。 そのほか、図版(画像データ)のカラー化や 地図データとの連携など、 デジタルの特性を活かしたマルチメディアの利用シーンは増えています。

数式のMathJax対応

従来のデジタルコンテンツでは表現が難しかった(≒ほぼ画像でしか表現できなかった)複雑な数式を、MathJax形式で記述することにより美しく表示します。